• フレンズナビ

    フレンズナビのバナー

    フレンズナビは清純系の女の子が多く、家出している女の子の投稿が多い。 女の子の登録が多いので、処女喪失希望やサポ希望など若い子とHな関係になりたい方におすすめです。

  • 愛カツ

    愛カツのバナー

    愛カツはHな10代・20代の女の子とS○Xしたい人に1番オススメできる無料サイト! 全体的に若い女の子が多く、ノリと勢いですぐSEXまでイケる♪

  • SWEET LINE

    SWEET LINEのバナー

    色々見てきたけど、若い女の子のサポ希望の書き込みが一番多いサイト!! タイプ・体型・目的・ルックスから選べて、理想的な女の子と会えます。

できるだけ若い子と援助交際するには?

一般的に、男性も女性も、年齢が上がれば上がるほど、出会いのチャンスはなくなっていきます。
学生時代には、サークルなどで、たくさんの出会いがありました。ほかの大学の異性とまで、知り合いになることは難しくなかったのに、社会人になったら、時間がなくなるということもあり出会いどころではなく、どうしても出会いがほしいと思えば、出会い系や合コン、婚活パーティーなどを利用する必要がある、という人が大半です。

しかし、そういった場で仲良くなることができるのは多くが同世代の女性。
本当は、もっと若い子と付き合いたいのに、と思っている男性も、多いのではないでしょうか。
若くてきれいな女性とエッチやデートがしたい、お金を払ってもいい、というなら援助交際をするしかないでしょう。

若い女の子と援助交際がしたい

若い女の子は肌もきれいで、大人ぶっていてもやはりウブなところもあり、また、セックスに関しても、いくら経験があるとはいえ始めてからそれほど年数は経っていないので、初々しい反応を見せてくれる、という子は多いです。
大人になってから、「若い女の子とセックスしたい」という願望を抱き続けている人も、案外、多いのではないでしょうか。
そういう人こそ、出会い系を利用してみましょう。

出会い系サイトを利用すれば、援助交際を目的とした出会いを求めている女性は結構見つかるものです。

出会い系で援助交際の相手を探す際の注意点

しかし、事前に覚えておかないといけないことがあります。まず、援助交際とは違法行為であるということです。
正確には、援助交際でお金を払う側というのは、「売春をさせる目的による利益供与」「人に売春をさせることを内容とする契約をする行為」をしていることになり、これらはどちらも法律で禁止されているのです。

このため、最悪、援助交際をしていれば、逮捕されて犯罪者にされてしまう可能性も、ないとはいえません。
ですからそもそも援助交際をするということは、この逮捕されるリスクを引き受けた上で、しなければならないということなのです。

「ただのゆきずりのセックス」なら犯罪にはならない

べつにゆきずりの相手とエッチをするだけなら、互いに18歳以上で、ちゃんと同意の上ならば逮捕されるようなことはありません。

援交って成人同士は何も法律的に問題ありませんか? – Yahoo!知恵袋

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1130148181

にもあるように、単に恋愛のうえでのセックスであるとみなされます。
しかし、金銭のやり取りをしてエッチしたりすることは、違法行為なのです。もちろん、通常の恋愛関係にある男女のあいだでも、セックスをしつつ、プレゼントをやりとりする、ということはありますが、これは、売春とはみなされません。
しかし、明確にセックスの対価として金品を渡していればこれは売春です。
正確にいえば、交際しているカップルのあいだで、「週に3回以上セックスしたら、誕生日プレゼントを買ってあげる」という約束をしてセックスしたら、これは売春といえなくもないでしょう。通常、警察はそんな微妙なところまで目くじらをたてたりはしませんが。

17歳以下だと罪が重い

売春は、もちろん成人と成人のあいだの契約であっても成立します。
しかし、それ以上に罪が重くなるケースがあります。万が一女性が17才以下だったりしたら大変です。その場合は、児童買春とみなされてしまうからです。
児童買春は、金銭を供与して17歳以下と性交渉をしたときに成立します。これは、児童買春・児童ポルノ禁止法で禁止されている犯罪です。
この法律では、児童買春をした場合、5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金、またはその両方に処せられてしまう可能性があるのです。
さすがに13歳未満はないかもしれませんが、この場合は合意の上でエッチをしたとしても強姦罪になってしまいます。
このように、援助交際をすることは、犯罪者になるリスクを背負っていますので、じゅうぶんにこれを認識したうえで行動するようにしましょう。

18歳未満の女の子が利用していることもよくあります。

ここで問題になるのは、18歳未満の女の子が援助交際をしている場合です。
18歳未満だと、さきほど述べたように、ただの買春ではなく児童買春になってしまいます。
このようなことを防ぐ意味もあって、出会い系サイトは、本来は18歳未満は利用できません。
しかし、「18歳以上だ」と名乗っていたはずの女性が、いざ会ってみたらどう見てもそれよりも若いなんてことは、良くあるのです。
こういった場合、その助成が、18歳以上であると偽って出会い系サイトに登録し、そして援助交際をしているということになります。
このような場合でも、明確にその女性が「自分は18歳だ」などと、あなたに年齢をいつわって伝えていないかぎり、あなたがそれを知らなかった、ということで罪を免れる、ということはありませんので気をつけてください。

なので、犯罪に巻き込まれてしまう可能性があることをよく知っておき、女性と会うときは相手の年齢に特に注意しましょう。

出会い系サイトはなぜ違法ではないか

ただ、出会い系サイトで援助交際が行われているからといっても、本来はお金を払っての交際というのは違法なので、運営側にわからないように行わないといけません。
ですから出会い系サイト自身も、いちおう規約によって売春の勧誘などをする行為を禁止していますし、「援助交際してください」などの書き込みは、削除や強制退会の対象となることもあります。
実際は、運営側もわかっていながら黙認しているのが現状なのですが、一応はばれないように行うということから、援助交際の募集に関しては隠語が使われているのです。
「援助交際」などの語は、取り締まりの対象となりますが、隠語まではなかなか口出ししづらい、というのを建前にして、たいていの出会い系サイトでは隠語で援助交際の交渉をすることは、黙認されています。

援助交際に関する隠語

この、援助交際に関する隠語を、NHKの朝の情報番組が詳細に取り上げ、「援助交際のノウハウを伝授している」と批判を含んで話題になったこともありました。
サポとかワリなとどいう言葉がプロフィールに書かれていれば、その女性は援助を求めていることになります。
サポとはつまりサポート、ワリとは割り切った関係、つまり援助交際ということになります。
このほかには「瓜」や、「佐保」、そして「円/¥」などの隠語があり、これらはすべて、援助交際そのものを指しています。
このような言葉書き込まれていたら、「援助交際の相手を募集していますよ」と勧誘しているわけです。
しかし、「サポート」などの語は、あきらかに援助交際を指しているとして、その出会い系サイトで書き込みの削除や強制退会の対象になることもありえますので気をつけましょう。

条件交渉に関する隠語

このほかに、よく使われるのは条件交渉に関する隠語です。
「ホ別 苺」
なとという書き込みが、たとえばそれにあたります。
金額に関して、「苺」で1万5千円でどうですか? と、自分の希望する金額を提示しているわけです。その前にある「ホ別」は、「ホテル代別」を意味します。
つまり、援助交際そのものの料金のほかに、ホテルの代金は男性の側が負担する、ということです。
このほかにも「WU」や「TU」などの言い方がされます。これは、金額をあらわします。
WUでダブル諭吉、つまり2万円ということになります。
そして「TU」はトリプル諭吉、つまり3万円です。
このように、援助交際の勧誘は、通常、隠語でされることが多いです。
これらを知っておくと、出会い系サイトで援助交際を望んでいる女性を探すのはとても楽になることでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ